食育と小児歯科

予約

食育と小児歯科

生涯食事をおいしく楽しく食べるためにも
お母さんのお腹の中にいる頃からの『食育』を大切にします。

妊娠中

食育は、お口の中の健康維持にとって欠かせないものです。お口の中の基礎は、小児期に作られます。 よく噛んでよく食べるために必要なお口の中の機能について、赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいる頃から考えていきましょう。

年齢別の食育について

①お母さんのお腹の中(胎児期)の食育

お母さんの口腔内の状態が胎児に大きく影響する

歯や口腔は、お母さんのお腹の中にいる時に作られます。お母さんが規則正しくバランスの良い食事を取ることをお勧めします。 また、お母さんの口腔内の状態が胎児に大きく影響するとも言われています。

新松戸ありす歯科こども歯科では、妊娠中の定期検診をお勧めしております。妊娠中期の体調のいい時に歯科検診にいらしてみてはいかがですか?

②乳児期の食育

しっかり母乳を飲ませてあげて、生まれたころから「食」の楽しみを感じさせてあげてください

乳児期は、母乳を通して食べ方や飲み方を学ぶ時期です。母乳は赤ちゃんにとって欠かせない栄養素がたくさん含まれています。また、お母さんと赤ちゃんの絆も深くなります。 母乳を与える時は、目と目を合わせ優しく声掛けをしましょう。母親の温もりを通して飲むことで心の安定がもたらされ、食欲が育まれていきます。 母乳を飲むことは、離乳期で噛んだり飲んだりするための大切な課程の一つになります。 しっかり母乳を飲ませてあげて、生まれたころから「食」の楽しみを感じさせてあげてください。

③離乳期の食育

食べるという機能の発達のためには大切なことなので、手づかみ食べもしっかりと経験させてあげましょう

離乳期は、母乳から離乳食へ変わる大切な時期です。 離乳食を通して少しずつ食べ物に慣れ、食べ物を噛み、口に運ぶ、飲み込む、などの『食べる』ことを学びます。 離乳食を上手に食べるためには唇がしっかり閉じていることが大切です。

そして、お子さんが離乳に慣れてくると食べ物を手づかみで食べるという行動もみられます。手づかみ食べはお母さんにとってあまり芳しくない行動かもしれませんが、 食べるという機能の発達のためには大切なことなので、手づかみ食べもしっかりと経験させてあげましょう。

④幼児期の食育

よく噛むことの大切さを教えていきましょう

3歳頃にはすべての乳歯が生えそろい、上と下の歯と歯がしっかりと咬み合います。色々な食べ物を噛み、飲み込みも上手に出来るようになるでしょう。食べ物の硬さや大きさ、歯触りが体験出来るような食材を使った食事をしてみましょう。家族や友達と一緒に食事をすることにより、周りの人の食事の仕方を見て、お箸の持ち方やお茶碗の持ち方を学べるようにしましょう。そして、よく噛むことの大切さを教えていきましょう。

⑤学齢期の食育

固いものや弾力性のある食べ物を食べる

乳歯から永久歯への生え変わりが行われる時期です。小学校低学年頃に上下の第一大臼歯が生えてきます。 第一大臼歯が生えてくることによって、食べ物を噛む力が向上するので、固いものや弾力性のある食べ物を食べるという経験をさせるのもいいでしょう。 また、前歯が生えそろう時期でもあるので、前歯で食べ物を噛み切ることによって、自分が一口で食べられる量を知ることができるようになるでしょう。 そして、家庭や給食で料理に合った食器や器具を目にすることによって、食事マナーや食べる姿勢も身につけることができるでしょう。

中学生頃になると生活が乱れがちになり、食事が不規則になってしまう傾向があります。 間食や夜食を食べることが増えるため、軟らかい食事をする機会が増えます。 噛むことは、永久歯虫歯の発生や歯周病の予防にも繋がります。 規則正しい生活や食事を行い、夜食や砂糖を多く含む間食をできるだけ控えることを心掛けてください。

⑥青年期(高校生)の食育

バランスよい食事

この時期の口腔の機能は親知らずを除き、全て完成されています。また、進学など、生活環境も大きく変化してきます。 将来健康なお口の中を保つために、栄養の偏りや生活習慣の乱れに気を付け、虫歯や歯周病の予防に努めていきましょう。

予約はこちら

予防として歯科医院に行くことが大切です。

「虫歯になってないし、歯医者に行かなくていいや」
「どうして歯磨きの仕方を歯医者で教えてもらわなきゃいけないのだろう」

実は、気づいていないだけで虫歯になっていたり、間違った歯磨きの仕方をしていて歯茎を傷つけていたりすることもあります。 健康な歯を守るためにも定期的な歯科検診が大切です。当院では、生えたての歯の定期検診とフッ素塗布をおすすめしております。 ご自身の歯で食事が出来ている時は、歯の大切さもあまり感じられないかもしれません。 しかし、ご自身の歯で食事が出来なくなってから、歯の大切さを実感するのでは遅いのです。 歯科での治療で歯の代わりになるものは再現できるかもしれませんが、自分の歯を一度失ってしまうと元には戻りません。

新松戸ありす歯科こども歯科では、経験豊富な歯科衛生士による歯磨きの仕方のアドバイスもさせていただいております。 歯磨きを間違った方法で行い続けてしまうと、口腔内に悪い影響を与えてしまう可能性もあります。 一度、当院での定期検診やフッ素塗布、歯磨き指導を受診してみませんか?

健康な歯を守るためにも定期的な歯科検診が大切

そして、食育とは自分の体を作る大切なものです。 今ある歯をずっと大切に使い続けるためにも、生まれる前からの食育を考えてみてはいかがですか?

定期検診はこちらから
  • おすすめ診療メニュー
  • 院長・スタッフ紹介
  • 料金メニュー
  • 診療メニュー
  • よくあるお悩みから探す
  • 地図・アクセス
>  食育と小児歯科
  • 病巣をしっかり見つける歯科用レントゲン
  • 育児で忙しい方でも安心のキッズコーナー
  • 患者様の不安をしっかり相談できるTCルーム
  • 広々空間の清潔感あふれる院内
  • 待ち時間をゆっくり過ごせる広々した待合室
  • 滅菌を心がけた安心の診療室
  • 口腔内の細菌を観察できる位相差顕微鏡
  • ゆったりとした受付
  • ありす歯科こども歯科はエムフォレストビル4Fです
  • 本皮仕様の診療チェアー

top

©2017 千葉県松戸の歯医者 ありす歯科こども歯科. All Right Reserved.