歯を抜いたままは危険!?

予約
松戸ありす歯科 メニュー

歯を抜いたままは危険!?

抜いて安心・・・ではありません!!
歯を抜いたまま、放置することは危険です

歯を抜いた後、どうすればいいのか?お悩みの方も多いかと思います。「1本くらい歯が無くても他の歯で噛めるから、このままでも大丈夫」と思うかもしれませんが、歯がない状態が続くと様々な症状が現れてきます。ブリッジや入れ歯、インプラントなどの歯科治療はただ単に「咬めるようになる」ためだけの治療ではありません。実は、お口の中や身体全体のバランスを保つための治療でもあります。

人間の歯は親知らずを除くと28本あり、1本1本にそれぞれ役割があります。そのうち1本でも抜いたままにしていると全体のバランスを崩すことになってしまいます。これはサッカーで言えば、11人でやるべき試合を1人退場して10人でやるようなものです。歯を抜いたままでは、たとえ不自由なく食事が出来たとしても、残りの歯に負担がかかり、時間の経過と共に残りの歯も弱まってきます。
サッカーの場合は11人の敵に10人で戦っても90分はもつかもしれませんが、もしこれが1年、3年、5年と続くとしたら、10人で戦う選手はどうなるでしょうか?これがもし9人、8人と少なくなっていったとしたら・・・
歯を抜いた箇所に歯を入れることは、残りの歯を守るために大切なのです。
これから歯を抜いたまま放置していると、どのような症状が現れるのかご説明します。

機能面の影響

1. 対合歯の挺出(抜けた歯と咬み合っていた歯が飛び出してくる)

歯は、上下の歯が咬み合うことで一定の位置を保ちます。しかし、歯を抜いたままにしておくと咬み合っていた歯が飛び出してくるのです。例えば、下の歯が抜いたままにしておくと上の歯はどんどん下へ下がってきます。これは、今まで咬み合うことによって受けていた刺激がなくなるため、刺激を求めて歯が伸びてくるのです。伸びると言っても歯そのものが伸びるのではなく、骨に埋まっている状態から出てくることになります。

2. 隣接歯の傾斜(抜いてできたスペースに両隣の歯が傾いてくる)

歯は隣同士お互いに力を掛け合うことによって正常な位置を保っています。しかし、歯を抜いたままにしておくと、支える歯がなくなるため、両隣の歯が歯の抜いたスペースに傾いてきます。これはただ単に抜いた場所の両隣の歯だけが傾くのではなく、時間の経過と共に、さらに傾いた歯の隣の歯も同じように傾いてきます。そして、ドミノ倒しのように全体の歯が傾き、歯並びが乱れていきます。歯並びが乱れると、その人本来の咬み合わせが変わるため、咬む力に衰えを感じる可能性があります。また、歯の隙間に歯垢がたまりやすくなるので虫歯や歯周病などになる可能性が高まります。歯並びを治すためにはお口全体の歯列矯正治療が必要となり、費用も時間もかかることになります。

審美面の影響

1. 見た目が悪くなる

歯を抜いたままにしていると、見た目が悪くなりますし、印象も悪く映ります。ご自身も歯がないことで人目を気にするようになり、笑ったり、人とお話したりするのを心から楽しめなくなります。逆に相手にお口の中に歯がないことに気づくと、そのことがものすごく気になることもあります。それほど口元や歯が人々に与える印象は大きいのです。

2. 顔の輪郭が変わる

歯を抜いたまま放置していると、歯が移動して歯並びや咬み合わせが悪くなることは前述したとおりです。矯正治療には抜歯することで歯並びや咬み合わせを変え、顔の印象が変わることもあります。これは矯正医学的に行う処置なので問題ないのですが、歯を抜いたままにしていると、多くの場合、おかしくなることがほとんどです。時間の経過と共に歯茎が下がってくるので頬がこけて見えたり、顎がたるんで見えたりします。また、前歯を抜いた場合、口元にシワが寄りやすくなります。
このように歯を抜いたままにしておくと、ご自身の印象に大きな影響を与えます。

生活面の影響

1. 咀嚼障害による胃腸への負担が増える
(しっかりと咬めないので胃腸への負担が増大する)

咬み合わせのバランスが悪くなると、食べ物をしっかりと咬むことが出来なくなります。すると、食べ物が消化されにくい状態で胃や腸に送られることになり、消化するための負担が大きくなります。また咬む回数が減ることにより唾液の分泌量が減少し、消化の妨げに繋がります。さらに、唾液はお口の中の洗浄効果も兼ね備えているので、分泌量が減るということは正常なお口の状態が保てなくなり、虫歯や歯周病、口臭の原因になる可能性が高まります。

2. 上手く発音できなくなる

歯を抜いた場所から空気が漏れたり、歯並びが悪くなったりすることによって発音が不明瞭になる可能性があります。その結果、人とお話しするのが恥ずかしくてあまり人と話さなくなる人もいます。

3. 脳や身体への不調を引き起こす

歯の根っこの周りにある歯根膜には脳とつながっているセンサーがあります。これは咬むことによって連動しているのですが、歯を抜いたままにしておくと、その情報が伝達されなくなります。人は咬めない生活を送っていると徐々に脳の海馬が委縮して記憶力が低下することが分かっています。歯を抜いたままにしておくと、記憶をつかさどる海馬の細胞が死滅していき、認知症になる可能性があります。マウスを使った実験でも奥歯を入れると脳の活性が戻り、脳細胞も増えていくということがわかっています。また、咬み合わせ不調による「頭痛」「肩こり」「耳鳴り」などの不定愁訴が生じる可能性があります。

このように、たった1本の歯を抜いたままにしておくだけでも、身体に大きな影響を与えることが分かっています。松戸ありす歯科では、歯を抜いた後の治療にも対応させて頂いております。患者様のご希望をお聞きし、一緒に治療方法を考え、施術させて頂いております。歯を抜いた後にどうするか迷っている方がいましたら、1度当院までご連絡ください。

予約はこちら
  • おすすめ診療メニュー
  • 院長・スタッフ紹介
  • 料金メニュー
  • 診療メニュー
  • よくあるお悩みから探す
  • 地図・アクセス
>  歯を抜いたままは危険!?
  • 病巣をしっかり見つける歯科用レントゲン
  • 育児で忙しい方でも安心のキッズコーナー
  • 患者様の不安をしっかり相談できるTCルーム
  • 広々空間の清潔感あふれる院内
  • 待ち時間をゆっくり過ごせる広々した待合室
  • 滅菌を心がけた安心の診療室
  • 口腔内の細菌を観察できる位相差顕微鏡
  • ゆったりとした受付
  • 松戸ありす歯科はエムフォレストビル4Fです
  • 本皮仕様の診療チェアー

top

©2017 千葉県松戸の歯医者 松戸ありす歯科. All Right Reserved.