指しゃぶりの原因

予約

指しゃぶりの原因

私たちは技術・治療だけではなく、お子様が『自然としてしまう癖』にも目を向けます。
お子様の指しゃぶりに対する考え方!

お子様の指しゃぶりに対する考え方 「子どもが指しゃぶりを止められないのだけど大丈夫かしら・・・」
「指しゃぶりっていくつまでやっていいの?」
「指しゃぶりをしてしまう原因ってなぁに?」

このようなお悩みの方は少なくないかと思います。赤ちゃんと指しゃぶりは切っても切れない関係です。なぜ赤ちゃんが指しゃぶりをするのか?これからご説明します。

指しゃぶりの原因

1. 赤ちゃんの本能

赤ちゃんは唇に触れたものに吸い付くという本能を持っています。生まれてからすぐにお母さんのおっぱいを吸うことが出来るのは、この本能があるからです。 指しゃぶりはその本能の現れだと言われています。

2. 気持ちを落ち着かせる

「退屈な時」「寂しい時」「眠い時」などは不安になり、子供が心を落ち着かせたい、安らぎたいと思っているタイミングに無意識のうちに指しゃぶりを行います。 指しゃぶりをすることで落ち着き、安心できる一種の精神安定剤の役割をしていると考えられます。

3. 周りのものを確認する

赤ちゃんは色々なものを口に持っていくことで、そのものが何か確認していると言われています。そのため、手が自由に動かせるようになると手を口に持っていって、 自分の手を確認しているのです。 生後1歳くらいまでの指しゃぶりは本能による生理的なものなので、自分の気持ちを落ち着かせたり、 周りのものを確認したりするための大切な行為なので気にする必要はありません。

指しゃぶりはいつまで

【乳児期(0歳)】

生後12ヵ月頃までは乳児の発達過程における生理的な行動なので、無理に止めさせる必要はありません。

【幼児期前半(1歳~3歳)】

3歳くらいまでの指しゃぶりは、赤ちゃんの「吸う」という本能のなごりなので、自然と減っていきます。あまり心配しすぎるとかえって酷くなってしまう可能性もあるので、 日中はよく体を動かし、寝る時に安心できる環境を与えるなどして、自然に止められるような工夫をしましょう。ただ、1日中頻繁に指しゃぶりをして、 指に「吸いダコ」が出来るような強い吸い方をしている場合は、習慣化しないために早めにアプローチした方がよい場合もあります。

【幼児期後半(3歳~就学前)】

ご両親が指しゃぶりを止めるように導く必要があります

この時期に指しゃぶりを行っている場合、少しずつ止めさせるような働きかけを行いましょう。お子さん自身から止めようと思う事はありませんので、 ご両親が指しゃぶりを止めるように導く必要があります。

【学童期(6歳頃)】

この年齢になると、指しゃぶりはほとんど見られなくなりますが、まれに6歳になっても指しゃぶりが続いているような場合は、顎の成長に影響が現れてしまう可能性があります。 この時期になっても指しゃぶりをしている子はなかなか治りにくくなっていますので、積極的に止めさせる働きかけが必要になります。

▼▼「指しゃぶりの弊害」については、こちらのページをご覧ください▼▼

「指しゃぶりの弊害」
  • おすすめ診療メニュー
  • 院長・スタッフ紹介
  • 料金メニュー
  • 診療メニュー
  • よくあるお悩みから探す
  • 地図・アクセス
  • 病巣をしっかり見つける歯科用レントゲン
  • 育児で忙しい方でも安心のキッズコーナー
  • 患者様の不安をしっかり相談できるTCルーム
  • 広々空間の清潔感あふれる院内
  • 待ち時間をゆっくり過ごせる広々した待合室
  • 滅菌を心がけた安心の診療室
  • 口腔内の細菌を観察できる位相差顕微鏡
  • ゆったりとした受付
  • ありす歯科こども歯科はエムフォレストビル4Fです
  • 本皮仕様の診療チェアー

top

©2017 千葉県松戸の歯医者 ありす歯科こども歯科. All Right Reserved.