マタニティー歯科ってご存知ですか?

予約

マタニティー歯科ってご存知ですか?

大切な赤ちゃんの歯の健康を守る!マイナス1歳から始める虫歯予防

妊娠中〜3歳ごろまでのお子さまがいらっしゃるお母さまやご家族の方へぜひ知っていただきたい、子どものお口の健康を守る方法!

マタニティ歯科とは、出産前・出産後のお母さまに歯の健康についての知識をつけていただくと同時に、お母さまと生まれてくる赤ちゃんのお口の健康を守る歯科診療です。
妊娠中は生活習慣や体質の変化から、通常よりも虫歯や歯周病になりやすくなります。特に歯周病は悪化してしまうと、早産や低体重児のリスクを上げてしまう恐れがあります。
赤ちゃんのお口の健康を守るためには、まずお母さまのお口を清潔に保つことが大切なのです!

ここでは、「小さい子どもが虫歯になる原因」「お母さまの歯の健康を保つ重要さ」「おすすめの検診時期」「妊婦さんによくある歯科を通う上でのお悩みや不安」についてお答えします!

生まれたばかりの赤ちゃんに、虫歯菌はいません!

実は、お腹の中にいる赤ちゃんの口の中には、虫歯菌や歯周病菌はいません。しかし、虫歯になってしまう子どもはたくさんいますよね。
ではなぜ、虫歯になってしまうのでしょうか?それは、ほとんどの場合、お母さまやご家族の方からのスキンシップによって虫歯菌が赤ちゃんに感染してしまうからです。

赤ちゃんや子どもに虫歯ができてしまう原因となる行動

唾液などを通じて虫歯菌が感染

  • 赤ちゃんのご飯を大人が使ったスプーンやお箸であげる
  • キスなどのスキンシップ
  • ご飯をフーフーして食べさせる
  • 長い時間おやつを食べさせている
決まった時間におやつをあげるようにすること
以上のようなことが挙げられます。ついつい可愛い我が子にやってしまいがちな何気ない行動によって、唾液などを通じて虫歯菌が感染していくのです。そうは言っても、スキンシップをしないなんて大人にとっても赤ちゃんにとってもよくありませんよね。
少しでも赤ちゃんに虫歯菌をうつさないために、以下のことに気をつけましょう。

菌をうつさないために

  1. ご両親・ご家族の方が虫歯や歯周病を治し、お口の中を清潔にする
  2. 赤ちゃんや子どもにおやつのダラダラ食いをさせず、決まった時間におやつをあげる
  3. 食べたあとは必ず歯磨きをきちんと行う
  4. 定期的に歯科検診に通う

妊娠したら、歯がぼろぼろになっちゃった!

「妊娠したら、歯がぼろぼろになってしまった・・・」という声をよく耳にします。
どうしてでしょう?
それは、つわりによって歯磨きがしづらくなることで磨き残しが増えたり、少しずつ何度も食事をすることでお口の中が長時間、酸性の状態になるからです。
さらに、妊娠中は女性ホルモンが増加するため、通常よりも歯肉に炎症が起こりやすく、「妊娠性歯肉炎」になる可能性が高まります。
このように、妊娠中はお口のトラブルが起きやすい時期となっています。
定期的に歯科検診に行き、歯垢や歯石をとり、清潔な口内環境を整えることが大切です。

お母さまが今すぐできること

  1. 虫歯をゼロにしましょう!
  2. 歯茎を健康に保ちましょう!
  3. 歯科の定期検診に行きましょう!

いつからマタニティ歯科検診を始めればいいの?

赤ちゃんが生まれる前のマイナス1歳から予防お子さまの虫歯予防は、何歳から行えばよいのでしょう?
「歯が生えてきたら・・・」
もちろん大正解です。しかし、マタニティ歯科を受診されている方の多くは、赤ちゃんが生まれる前のマイナス1歳から予防をしています。
妊娠中期(5ヶ月〜8ヶ月)の間であれば、ほとんどの方が問題なく診療を 受けることができます。妊娠初期(1ヶ月〜5ヶ月)は流産等の恐れもあるので、体に負担がかかるようであれば長時間の治療は避け、応急処置をして妊娠中期に治療を行いましょう。
治療に来て、虫歯や歯周病があれば定期的に通い、治療を終えることが望ましいです。そして治療が終わったお母さま方や特に問題がなかったお母さま方には、引き続きお口の中が健康に保てるように定期的に通い、歯科医師・歯科衛生士からアドバイスをもらいましょう。


妊婦さんのお悩み

妊婦さんの歯科のお悩みQ&A

Q.仰向けの姿勢が大変だし、疲れそう・・・

A.妊婦さんが楽な姿勢で診療できるよう、椅子を倒しすぎずに行うことができます。適度に休憩をはさみながら進めていくことも可能です。つわりがひどくなったり、トイレが近くなったり等、何かございましたら遠慮せずにご希望をお申し付け下さい。

Q.レントゲン撮影って赤ちゃんに影響しないの?

A.ありす歯科こども歯科で用いている機器は、デジタル化しているため、従来のものより10分の1の放射量で撮影することができます。また、撮影範囲も口腔周囲のみに限定しているため、赤ちゃんに影響することはありません。ご安心ください。

Q.麻酔は大丈夫?

A.麻酔注射は必要に応じて局所のみ行います。当院では、身体への負担が少ない麻酔カートリッジを使用しております。微量ですので、赤ちゃんにまで影響を及ぼすことはありません。

Q.痛み止めの薬は飲んでも大丈夫?

A.基本的に妊娠中の方は薬を飲まれないことをお勧めしております。しかし、お身体の状態により、痛みを我慢する方が母体や赤ちゃんに悪影響が出るようであれば、歯科医師が十分に考慮した上で、赤ちゃんにできる限り影響の少ない薬を選び、最小限の処方を行うこともあります。その際は必ず、お母さまにきちんとご説明してから処方いたします。

生まれてくる赤ちゃんのお口の健康を守るためには、まずはお母さま、そしてご家族のみなさまのお口の環境をよくすることが大切です。ありす歯科こども歯科では、マタニティ歯科だけではなく、小児歯科や予防歯科にも力を入れております。歯は一生の宝物です。80歳になってもご自身の歯で美味しい食事を楽しむために、出産を終えた後も、子どもが大きくなってからも、そして、大人になってからも歯のメンテナンスをすることは大切です。定期的に歯科検診に通い、大切な歯を健康に保っていきましょう!

予約はこちら

▼▼妊娠中、おすすめ歯磨きの仕方はこちら▼▼

妊娠中のお口のトラブル
  • おすすめ診療メニュー
  • 院長・スタッフ紹介
  • 料金メニュー
  • 診療メニュー
  • よくあるお悩みから探す
  • 地図・アクセス
  • 病巣をしっかり見つける歯科用レントゲン
  • 育児で忙しい方でも安心のキッズコーナー
  • 患者様の不安をしっかり相談できるTCルーム
  • 広々空間の清潔感あふれる院内
  • 待ち時間をゆっくり過ごせる広々した待合室
  • 滅菌を心がけた安心の診療室
  • 口腔内の細菌を観察できる位相差顕微鏡
  • ゆったりとした受付
  • ありす歯科こども歯科はエムフォレストビル4Fです
  • 本皮仕様の診療チェアー

top

©2017 千葉県松戸の歯医者 ありす歯科こども歯科. All Right Reserved.