電動歯ブラシの選び方

予約

電動歯ブラシの選び方

電動歯ブラシの選び方~メリット編~

電動歯ブラシの良い点は、手で磨く歯ブラシと比べて
「歯垢(プラーク)の取れるスピードが速い」
「歯垢(プラーク)の除去効果が高いため、歯がツルツルになる」
といった利点があります。ただし、振動数の低いものは十分な効果は得られません。

電動歯ブラシをオススメしたい人はこんな人

  • お子様や麻痺のある方で、細かい操作が難しい方
  • ブラッシング圧が弱い人、強すぎる人
  • 矯正中の方

電動歯ブラシの種類

電動歯ブラシは3種類に分けることができます。

1. 電動歯ブラシ

歯ブラシの振動と回転により、汚れを落とします。使用方法としては、歯の表面に当て、歯ブラシのヘッドの部分を磨きたい部分へ移動させます。この時に力を入れて使ってしまうと、歯や歯ぐきを傷つけてしまう可能性が高くなります。歯や歯ぐきを傷つけることなく、確実に汚れを落とすためには、一人ひとりのお口の中の状態や、機種によって使い方が違いますので、歯科医院で指導を受けることをおすすめ致します。

このような方にお勧め

  • 歯の表面の汚れだけを落としたい方
  • 歯や歯ぐきに問題のない方

2. 音波歯ブラシ

高速で歯ブラシの毛先が振動し、汚れや食べ物や飲み物の色素を落とす効果があります。水と触れ合うことで細かい泡が発生して、その流れで汚れを落とすことができるため、毛先が当たっていない2~3mm先の汚れまで落とすことが可能となっています。使い方は、歯面に当て、磨きたい部分へ移動させます。お口の中の水分が飛び散りやすいため、使い慣れてくるまでは洗面所で使用することをおすすめします。

このような方にお勧め

  • 歯の表面や歯と歯茎の隙間の汚れを落としたい方
  • 矯正治療やインプラント治療をしている方

3. 超音波歯ブラシ

ブラシのヘッド(毛)の部分から超音波の振動が発生し、歯垢(プラーク)をはがしやすくし、歯垢(プラーク)に存在する細菌そのものを破壊する力があります。また、超音波には、骨や歯ぐきの細胞を活性化させる力があるので、歯周病の治りを促進するとも言われています。使い方は、普通の歯ブラシで磨くのと同じように、ブラシを動かす必要があります。

このような方にお勧め

  • 中等度~重度の歯周病の方
  • 歯の表面や歯と歯ぐきの間の汚れを落としたい方
  • 矯正治療やインプラント治療をしている方

電動歯ブラシを購入する際に、ご自身の好みに合わせて購入される方が多いかと思います。それぞれのタイプによって、歯に当たる感触が違い、『使ってみたけど何だかしっくりこないなぁ…』という方もいらっしゃいます。タイプによっては衝撃が強く、口を閉じていないと唾液や水が飛び散るものもあります。電動歯ブラシを決める際に、機能面や金額も大事ですが、自分に一番馴染むものを選ぶようにしましょう。

予約はこちら
  • おすすめ診療メニュー
  • 院長・スタッフ紹介
  • 料金メニュー
  • 診療メニュー
  • よくあるお悩みから探す
  • 地図・アクセス
>  電動歯ブラシの選び方
  • 病巣をしっかり見つける歯科用レントゲン
  • 育児で忙しい方でも安心のキッズコーナー
  • 患者様の不安をしっかり相談できるTCルーム
  • 広々空間の清潔感あふれる院内
  • 待ち時間をゆっくり過ごせる広々した待合室
  • 滅菌を心がけた安心の診療室
  • 口腔内の細菌を観察できる位相差顕微鏡
  • ゆったりとした受付
  • ありす歯科こども歯科はエムフォレストビル4Fです
  • 本皮仕様の診療チェアー

top

©2017 千葉県松戸の歯医者 ありす歯科こども歯科. All Right Reserved.