虫歯の予防 〜セルフケア〜

予約
松戸ありす歯科 メニュー

虫歯の予防 〜セルフケア〜

効果的な虫歯の予防方法は
メンテナンスと正しいセルフケア!!

歯を守るために最も重要なことは、どんなに精度の高い治療を受けるよりも、予防をしっかり行って虫歯を作らないことです。
一度削った歯は元に戻ることはありません。そして、虫歯は『どんなに頑張って歯磨きをしてもできるもの』ではなく、『しっかりとメンテナンスを行えば防ぐことができる』病気なのです。

虫歯になっても、初期の段階であれば経過観察で食い止めることが可能です。しかし、発見が遅い場合は、最悪、歯を失うこととなります。そのため、早期発見が大事なポイントになってきます。
虫歯の発見は、一般の方では難しいかと思いますので、定期的に検診に来院していただき、お口の中のチェックをプロにお任せすることが大切なのです。定期検診に通うことで、虫歯だけではなく、歯周病の予防にもなりますので、治療が終わりましたら、ぜひ定期検診通って大事な歯を守っていきましょう!

もちろん、ご自宅での適切なケアも欠かせません。松戸ありす歯科では、お子様から大人の方まで患者様一人ひとりに合わせた「ブラッシングの方法」「歯ブラシ・歯磨き粉のアドバイス」「食事や間食のアドバイス」などを行っていますので、ご自宅でのケアでお困りの方はご来院ください。

虫歯になりやすい場所

歯を上手に磨くポイントは、ご自身の歯並びや歯の形をよく知ることです。 お口の中には、「歯と歯の間」「歯と歯ぐきの間」「奥歯の噛む面の溝」「歯の裏側」など複雑でデコボコしている部分がたくさんあります。「奥歯の溝」「歯と歯の間」「歯と歯ぐきの境目」など、歯ブラシの届きにくいところは、磨き残しが特に多いため、1本1本意識しながら丁寧に磨くようにしてください。
歯を磨く際に強い力で磨いたほうが、汚れが落ちやすいと思われがちですが、強い力でゴシゴシと歯を磨いてしまうと、歯や歯ぐきに負担をかけることになり、傷つけてしまいます。また、歯ブラシの消耗を早めてしまうのでおすすめできません。時間をかけて優しく丁寧に磨くことを心掛けてみてください。

おすすめの補助的清掃用具

歯ブラシだけでブラッシングした場合、歯と歯の間についた汚れは、半分程度しか除去できないとされています。 お口の中を清掃する道具で、歯ブラシ以外のものを補助的清掃用具と言います。
磨き残しによる菌の繁殖を無くすため、歯ブラシで磨いた後に使用することをおすすめします。特に磨き残しが多い部分の「歯と歯の間」「歯と歯ぐきの間」に補助的清掃用具を用いて、お口全体の健康を維持しましょう。
補助的清掃用具には「デンタルフロス」「歯間ブラシ」「タフトブラシ」などがあります。

デンタルフロス

細いナイロン糸を束ねたもので、歯と歯の間が狭い部分に適しています。
基本的に使い捨てです。

歯間ブラシ

ナイロンなどをワイヤーで固定した小さなブラシで、歯と歯の間が広い部分に適しています。
サイズが何種類かあります。選び方の基本は挿入の際に抵抗がないことです。初めて使用する方は歯科医院で指導を受けることをおすすめ致します。サイズが合っていないもの、挿入角度を誤ると歯茎を傷つけたり、歯ぐきがすり減ったりします。

タフトブラシ

毛先が小さく、円柱形の毛先が特徴のブラシです。狭くてブラシの届きにくい部分も磨きやすくなります。特に下記の方や場所におすすめです。

  • 歯が複雑に入り組んでいるところ
  • 歯と歯ぐきの境目
  • 矯正装置の周辺
  • 矯正装置が入ると虫歯のリスクは4~5倍になる
  • 生え途中の歯
  • 上の前歯の裏側
  • お子様の仕上げ磨き
  • 嘔吐反射の強い方
予約はこちら

▼▼酸蝕症についてはこちら▼▼

知らないと怖い酸蝕症
  • おすすめ診療メニュー
  • 院長・スタッフ紹介
  • 料金メニュー
  • 診療メニュー
  • よくあるお悩みから探す
  • 地図・アクセス
>  虫歯の予防 〜セルフケア〜
  • 病巣をしっかり見つける歯科用レントゲン
  • 育児で忙しい方でも安心のキッズコーナー
  • 患者様の不安をしっかり相談できるTCルーム
  • 広々空間の清潔感あふれる院内
  • 待ち時間をゆっくり過ごせる広々した待合室
  • 滅菌を心がけた安心の診療室
  • 口腔内の細菌を観察できる位相差顕微鏡
  • ゆったりとした受付
  • 松戸ありす歯科はエムフォレストビル4Fです
  • 本皮仕様の診療チェアー

top

©2017 千葉県松戸の歯医者 松戸ありす歯科. All Right Reserved.